無茶しないで耳から慣らす

恥ずかしがらずに話すには、「長い時間、英語で会話する席を1回もつ」ことに比べ、「短い時間であっても、英語で話す環境を多くもつ」のが、格段に効果があるのです。

『英語を思い通りに使える』とは、何か感じた事を一瞬で英単語に置き換えられる事を言うのであって、会話の内容に従って、何でも自在に記述できるということを意味しています。

最近人気のあるイングリッシュアドベンチャーは、日本語を全然使用することを禁じて、覚えたい言葉のみの状態で、そうした言葉を会得する、ダイレクトメソッドという名の学習手法を活用しているのです。

「とにかく英語圏の国に行く」とか「英語を話す知人を作る」とか「映画を原語のまま観たり、英語の歌詞の音楽や英語でニュース番組を観る」等の多くのやり方が存在するが、まず最初に英単語を2000個程度は覚えることです。

英語習得法として、幼児が言葉を学習するように、英語を習得するのがいいと言い表されたりしますが、幼児がたしかに話すことができるようになるのは、本当のところふんだんに聞くことを続けてきたからなのです。

 

プライムイングリッシュの主な特徴は、耳を使って英語の学習をしていくというより、たくさんの会話をしながら英語を勉強する種類の教科書なのです。とりわけ、英会話をポイントとして習得したい人にちょうど良いと思います。

発音の練習や英文法学習そのものは、まず最初に存分に耳で聞く練習を実行してから、すなわち「なんとか覚えよう」と無茶しないで耳から慣らすという手段を一番だと考えているのです。

英会話レベルが中・上級の方には、とりあえずはDVDなどで英語音声+英語字幕を推奨します。英語の音声と字幕だけで、いったい何を言い表しているのか、残さず把握できるようにすることがとても大切です。

最初から文法は英会話に必要なのか?という大論戦は事あるごとにされてるけど、私がつくづく思うことは文法の知識があると、英文を理解する速さが圧倒的に上向くので、のちのち非常に役立ちます。

短期間にたくさんの英語を聞くという英語学習方式は、聞き取り能力だけでなく、聞きながら話して追いかけてくシャドウイング、すべての発言を思い出しながらすべて書きだすディクテーションなどの習得の場合にも使えるため、色々な種類を合わせながらの勉強法をご提案いたします。

 

普通、英会話では、第一にグラマーやワードを学ぶことが大事ですが、第一優先したいのは、英語を話すという狙いを正確に定め、無意識の内に作り上げてしまった、精神的障壁を取り去ることが肝要なのです。

英語能力テストであるTOEICは、定期的に開催されるので、しきりに試験を受けることは困難でしたが、BULATS(ブラッツ)というテストならば、パソコン等でいつでもトライできるから、TOEIC受験の為のウォーミングアップとしても持って来いです。

英語を読む訓練と単語習得、そのふたつの勉強を一緒にやるようなどちらとも付かないことをしないで、単語の暗記なら単語オンリーをエイヤっと覚えてしまうのがよいでしょう。

会話練習は、初心者にとっては英会話というもので何度も用いられる、基本の口語文を合理的に繰り返し訓練して、ただ頭に入れるのではなく勝手に言葉として出てくるようにすることが最も効果的です。

ビジネス上の初めての場合の挨拶は、第一印象に直結する大きな要因ですので、しっかりと英会話で挨拶する際のポイントを何よりも先に覚えましょう!