VOAの非英語話者向け「VOA Learning English」

評判になっているヒアリングマラソンとは、英語スクールでもかなり人気の高い講座で、WEBとも関連して受講でき、整然と英語を聞く自習ができる、極めて実用的な学習教材です。

英語の発音には、個性的な音同士の関係があることをご存じですか?この事例を分かっていない場合は、どれほど英語を耳にしても、全て聞き取ることが可能にはなりません。

VOA Learning Englishという英語放送は、若い日本人の英語を学んでいる者の中で、とっても名が知られており、TOEICで高めの得点を狙っている人たちの教科書として、広い層に取りこまれています。

たぶんこういう意味合いだったという言い方は、多少頭の中に残っていて、そうした言葉を頻繁に聞くようになると、漠然とした感じがじわじわと明白なものに変わってきます。

最近人気のある七田式英語は、中に入っている言い方自体が現実的で、英語圏の人が、日常生活中に使用するようなフレーズが基本になって作られています。

 

英語で話しているとき、覚えていない単語が含まれる場合が、ありがちです。そういう事態に効果が高いのが、会話の推移からおそらく、こんな中身かなと予測することです。

英語を習得するためには、まず第一に「英文を読むための文法」といった基礎知識(文法問題に解答するための受験勉強と分けて考えています。)と「最小限の語彙」を我が物とするやる気と根性が必須条件です。

聞き流すだけの英語のシャワーを浴びるのみでは、リスニングの力は上がらないのです。リスニングの精度を向上させるなら、最終的にはひたすら音読と発語の訓練が重要なのだと言えるでしょう。

ロールプレイ方式で台詞を喋ってみたり、普通に会話してみたりと、大勢いるからできる英会話レッスンの利点を活用して、先生方とのコミュニケーションだけでなく、同じクラスの皆さんとの普段の語らいからも、リアルな英語を学ぶことが可能なのです。

よく意味のわからない英文が含まれる場合でも、幾つもの無料翻訳サイトや辞書的なサイトを駆使すれば日本語に変換可能なので、それらのサイトを使いながら学習することをお薦めしています。

 

緊張しないで話すためには、「長時間、英語で話すシチュエーションを1回作る」場合に比較して、「短い時間であっても、英語で会話するチャンスを数多く持つ」ことの方が、とても有効です。

英語で話すことは、海外旅行をより安全に、並びに愉快に経験するための道具のようなものですから、海外旅行で実際に用いる英語のセンテンスは、あまりたくさんはありません。

シャドウイングという練習法を試すことにより、聞き取る力が改善される要因は二つ、「自分で発音できる音は聞き分けられる」ためと、「英語の対応速度が向上する」ためのようです。

どんなわけであなたは、英語での「Good morning」や「Let it go」と言う場合に、2語を分離して「グッド モーニング」や「レット イット ゴー」といった感じに発音するのですか?この場合なら「グッモーニン」「レリゴー」と発するべきだと思います。

英語を鍛えるためには、スポーツのエクササイズと同じようなもので、あなたが話すことのできる中身に似たものを探して、耳にしたそのままを言ってみて練習してみるということが、極めて重要なことなのです。